松本光正 高血圧

血圧の薬で薬害は考えられるか?

血圧が上がると、病院では血圧を下げる薬を処方してくれます。高血圧は、恐ろしい結果をもたらす病気ですからね。

と、まあ、普通はそのように考えるのでしょうが、それって本当に本当なんでしょうか?
病院も患者も、高血圧は恐ろしいもので、薬で血圧を下げなくてはならないものだと、決め込んでいることと思います。

しかし、歴史的に見て、高血圧の定義が次々に変えられていることは、知っている人にとっては常識です。

医学が進歩して、高血圧の実態が明らかになってきて、高血圧の定義が変わっているのならば、それも当然のことでしょう。でも、実際は明確な根拠がないのに、何となく高血圧の定義が変更されているのです。

1969年の高血圧の定義は上が160mHg

それが、150mHg、140mHgと少しずつ下げられてきました。現在では130mHgが高血圧症とされています。

こうして高血圧症の基準を下げることで、患者の命が守られるのであれば良いのですが、患者の数が増えても患者の命が救われているわけではないのです。

この事実は、高血圧症を薬に頼らずに改善する治療を提唱している松本正光先生が講演しています。

高血圧症を改善するために、安易に薬に頼って治療したつもりになって安心しているうちに、かえって深刻な状態になったら誰が保障してくれるのでしょうか?

自分の身体を守るのは自分です。松本正光先生のDVD「薬に頼らず血圧をコントロールする方法」で、自分の身体を守りましょう。

クリック>>松本光正先生の「薬で下げない血圧革命」はこちら

突然ですが、2013年10月をもって松本光正先生の高血圧改善DVDが販売終了になりました。人気の高血圧改善DVDだったのに・・・松本先生に何かあったのでしょうか?詳細はわかりませんが、高血圧の悩みを抱える人達にとっての「血圧コントロールの頼みの綱」が無くなってしまいました。
とりあえず、薬も運動も不要の藤城式高血圧食事法DVDを紹介しておきます。

藤城式高血圧食事法DVDはこちらをクリック

藤城式高血圧食事法DVDは、大変人気のある高血圧改善法です。こちらのほうも、いつ販売終了となるかわかりませんので、どうぞ早めに購入を決断して下さい。

 

サイトマップ

サプリ